検証実験結果

小松菜栽培試験
(データ提供:T農業大学)

【草丈(cm)】

ナノバブル水 水道水
1 26.8 26.1
2 29.0 25.7
3 28.4 27.5
4 28.6 27.5
5 29.1 23.5
平均 28.38 26.06

【地上部新鮮重(gr)】

ナノバブル水 水道水
1 114.5 94.9
2 100.7 93.2
3 102.4 90.8
4 100.8 99.7
5 118.2 78.1
平均 107.32 90.74

【結果】
ナノバブル水で育成すると「草丈」「地上部新鮮重」ともに大きく差が出る。

土壌菌の変化[きゅうり栽培土壌]
(データ提供:K研究所)

1週間毎に水道水(1L/㎡)散布

糸状菌
(%)
放線菌
(%)
一般細菌
(%)
微生物
総数(%)
開始時 16万
(0.4)
1200万
(28.9)
3000万
(73.7)
4200万
(100)
1ヶ月後 21万
(0.5)
1300万
(31.8)
2700万
(67.7)
4000万
(100)

1週間毎にナノバブル水(1L/㎡)散布

糸状菌
(%)
放線菌
(%)
一般細菌
(%)
微生物
総数(%)
開始時 16万
(0.3)
1200万
(31.8)
3300万
(73.0)
4200万
(100)
1ヶ月後 25万
(0.4)
1800万
(31.3)
3800万
(68.3)
4200万
(100)
ホウレンソウ発芽試験
(データ提供:M大学 農学部)

【結果】

ナノバブル水で生育すると他に比較して発芽が早い。

【考察】

「発芽率の低い作物には栽培技術への応用ができる。」
「根腐れなどの防止にも寄与できる。」

レタス栽培比較
[閉鎖型水耕栽培]
(データ提供:TKエンジニアリング)

通常水使用

チップバーンが発生

ナノバブル水使用

チップバーンの発生が抑えられる